【お腹痩せのためにまだ腹筋運動やってませんか?腹筋運動では実は脂肪は〇〇ません】

神戸、三宮で40代女性のダイエット専門パーソナルトレーナーとして活動しておりますRICHBODYの舘﨑です。

寒かったはずが心なしか気温が上がってきていますね。

体調不良の方が多く見受けれらますが、舘﨑も体調自体は良いのですが持病の咳喘息が・・・意外に繊細なのです。。

もう12月も中旬に入ってきましたね。

今年も間も無く終わります。

私もまた一つ歳を取ります。

嬉しい反面、焦りも出てきます。

この一年は個人的に収穫が大きい一年になったと思います。

プロテインフードのプロデュース、結婚相談所、ブライダル関連事業、芦屋姿勢塾様との提携。

来年に向けて良い助走ができたかと

まだまだ実現したいことが多くあります。

来年は企業に向けてのサービスを展開していける様に、そちらにもエネルギー注いでいきたいと思います。

さて

お腹のお肉が気になるあなた

まだやってますか?

やってませんよね?

『腹筋運動』

実は一般的な腹筋運動はお腹の脂肪を落とすのに適していません。

一般的な腹筋運動はトランクカールと言い、三角座りの状態から寝転がり、そこから上体を起こす動作が一般的かと思いますが、この動き実は一歩間違えればウエストサイズを太くしてしまう恐れもあるのです。

基本的にお腹の脂肪を落としたいという願望をお持ちの方は、お腹を細く引き締めたいはず。

しかし脂肪は原則として全体的について全体的に落ちるという原則があります。

なので腹筋運動をすればお腹の脂肪だけが減るという訳にはいかないのです。

そして、よくジムで座ったままでお腹を捻るマシンがあるのですが

(こんなのです)

こちらも頑張りすぎるとくびれが消えてしまうという恐ろしい結果になってしまいます。

『では、どうすれば効率よくお腹の脂肪を落とすことが出来るのか?』

まず全体の代謝量を増やすことです。

そのためにも身体の中で大部分を占める太腿、背中、胸この三つの筋肉をベースにトレーニングを行うこと。

そうすることで全体の代謝量がアップし脂肪が燃焼されやすい状態を作り出すことができます。

そして適切な食事のコントロール。

これが王道となってきます。

その上で脂肪が落ちてきても未だ望ましいお腹のラインになっていない様でしたら、次のステップに進めばOKです。

ヒントをいうと実は伸ばすということが重要になってきます。(この方法はまた改めて紹介させて頂きます)

一見正しそうで実は間違っていることが多いのがダイエットの実際のところ。

『頑張っているのになんで成果が出ないんだろう?』『私は痩せられない体質なんだろうか?』こんな疑問がふと浮かぶかもしれませんが安心してください。

貴方の身体も必ず変わることができます。変えることができます。

お腹の脂肪対策で腹筋運動をされている方がいましたら、是非参考にして頂ければと思います。

それでは、また!

関連記事

  1. 【おめでとうございます!】

  2. 【ダイエット中ストレスフルな環境にいるあなたに是非読んで頂き…

  3. 【ダイエット中はお肉を食べない ?パーソナルトレーナーが推奨…

  4. 【ダイエットにランニングは不要って本当?】

  5. 【頑張り過ぎてませんか?毎日の様にトレーニングをやると太りや…

  6. 【ダイエットのための食事コントロール!何から始めればいいの?…