【ダイエット中に間食しない手はない3つの理由と食べたい食材】

神戸、三宮で40代女性のダイエット専門パーソナルトレーナーとして活動しておりますRICHBODYの舘﨑です。

 

ダイエットを始めたからと『私間食してないんです!』と仰られる方を未だに多く見かけますが、これは非常にもったいないです。

もちろんお菓子などを間食にバクバク食べてしまってはダメですよ。

そんなことをすれば脂肪をどんどん蓄えていってしまいます。

しかし必要な栄養素を間食に食べることはダイエット中メリットしか無いと言っても過言ではありません。

今回は大きく3つに分けてその項目を紹介していきます。

 

①食欲を抑えることができる

ダイエット中の食欲の増進は怖いですよね。

食事量や回数を抑えることで食欲が増してしまい我慢できずに暴飲暴食・・・ということがよくあります。

これを抑えてくれるのが間食のメリットの一つです。

特に昼食と夕食の間に間食を食べることにより夕食以降の余分な食欲を抑える事ができ、食べ過ぎを伏せぐことができます。

 

②消費エネルギーのアップ

人間は食べ物を食べることでもエネルギーを消費します。

これをDIT(食事誘発性熱産生)と言いますが、食事の回数が増えれば増えるほどこの消費量は増えていきます。

三大栄養素であるタンパク質(お肉、魚、卵、チーズなど)、炭水化物(お米、パン、麺など)、脂質(バター、オリーブオイルなど)のいずれかを口にすればこの機能は働くのですが、中でもタンパク質が最も消費エネルギーが大きいです。

一般的には意外かもしれませんが間食を増やして脂肪燃焼を狙えることができるのです。

 

③代謝の低下を防ぐ

摂取カロリーや長時間空腹の状態が続くと身体は筋肉を分解してエネルギーを作り出そうとします。

これを糖新生(とうしんせい)といいます。

その為、ダイエット中だからと食事の回数を三食から二食や一食にしたり、間食をしないでいると、この糖新生が起きる可能性が非常に大きくなります。

筋肉の量が減ってしまうと代謝が落ちる=消費エネルギーの減少、ボディラインの崩れなどが起きてしまいます。

ダイエットをする目的といえば大多数の方が『綺麗になる為』に痩せるということが目的だと思うのですがこうなってしまっては本末転倒ですね。

 

大きく分けると以上の三つの項目が挙げられます。

そして後もう一点、間食で食べられる際にオススメな食べ物は『ゆで卵、チーズ、ナッツ、プロテインバー』などがオススメです。

(ゆで卵なら1~2個、チーズも6Pチーズのサイズで1~2個、ナッツは手のひらに乗る量、プロテインバーは市販のものであれば1本は問題無いかと。)

 

この三項目だけでも十分にメリットを受けられることがご理解いただけたでしょうか?

実際、私も食べないで苦しい思いをすることには耐えられません・・・

正しい知識が身に付けば実はダイエットとはそこまで我慢をしなくても良い可能性が非常に高くなります。

是非ダイエットを成功させたいと思っている貴方には知っておいて頂きたいです。

関連記事

  1. 【パーソナルトレーナーがダイエット中の間食に進める3つの食品…

  2. 【え⁉︎運動する直前にご飯を食べると痩せない?…

  3. 【あなたは知っていましたか?ダイエットの観点から見たアルコー…

  4. 【ダイエット中に外食はもってこい?】

  5. 【汗を掻くと痩せない?ダイエット中に実は見落とされがちなコト…

  6. 【ダイエット成功の鍵は急激には◯◯させないコト】